鍼灸について教えて.net

鍼灸院で治療してもらうなら

鍼灸師とあんまマッサージ師の違い

   

どちらも国家資格が必要。

鍼灸師とあんまマッサージというのはその違いが良く分からないと感じる人もいるかもしれません。

この二つは、しっかりとした国家資格になっているため、資格を得ておかないと、サービスとして提供をすることはできなくなります。

資格を取得していく際にも、しっかりと専門的な学校に通っていくことが必要になります。

全く違うものだった。

ではこの鍼灸師とあんまマサージの違いというのはどのようなものであるのかということですが、非常に簡単に言ってしまうと、あんまマッサージというのは疲れを取っていくことに特化したマッサージと言ってしまうことができます。

一方、鍼灸師というのは、体の異常の原因にアプローチをすることでその原因を取り除く、改善していくことができる要素が施術となります。

治療の要素がある分、鍼灸師というのは、刺激が大きくなることがありますが、あんまマッサージの場合には、刺激が強過ぎることというのは少なく、体がスッキリする感じ、疲れが取れていくことで、また通っていきたいという感覚を覚えておくことになります。

この二つの資格は、ともに開業権を持っているため、自身で開業をしてしまうことは可能です。

ただ、技術を熟練させていくのは時間がかかるものであり、本当に一人前になるためにはそれなりの苦労と言うのも必要になります。

そのため、ある程度自分の先生と思える存在のもとで、経験を積んでいってからの開業のほうが、多くの人に貢献をすることができるようになると言えます。

個人によって、技術のレベルの差が出てくることもあるため、施術を受けて意向と思った際には、しっかりと施術をしてもらう施設を選んでいく必要があります。

またマッサージや、この鍼灸に関しては柔道整復や他のマッサージと同じものと考えてしまうこともありますが、基本的には全く別物と考えておく必要があります。

一緒にして考えてしまうと、自分が行なってほしい施術をしてもらうことができないだけでなく、症状や状態に適さない施術をされてしまう可能性というのもあることになります。

資格を持っているかは最低限確認したい。

あんまマッサージを受けたい場合、鍼灸師の施術をしてもらいたい場合には、必ず、そのれらの資格を持っているかどうかを確認して、しっかりした技術を持っているか確認できてから、施術をしてもらうことをオススメします。

資格を持っていないという場合、それは問題外となってしまうため、注意が必要です。

また、違いを意識しておけば、自分の症状に適切な対処をしていくことも可能になります。

 - 鍼灸の治療について

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
鍼灸は医師の同意書が必要

保険治療には手続きがあります。 鍼灸の施術によって保険を利用していきたい場合には …

no image
鍼灸治療を受けた後の入浴について

鍼灸治療と入浴 鍼灸治療をした後の、入浴のあり方と言うのは人によって意見が違って …

no image
鍼灸でうつ病治療の効果に期待

鍼灸治療でうつ病を治療する 鍼灸によってうつ病の治療ができるのではということも言 …